沖仁日記

フラメンコギタリスト沖仁の日記。

28

日曜日



久々にBBQしたよー。


 barba-1  barba-2

barba-3 barba-4

barba-5 barba-6


良い日曜日だったな。

俵さんからお宝カセットテープ借りたし!




26

お散歩 photo






nino-1

25

香津美さんと



今日は渡辺香津美さんとリハ。

新たなレパートリーを増やしました。

今度のLIVEは

10.4 熊本・上天草海辺の音楽祭

10.5 神奈川県立音楽堂

http://tone.jp/liveinfo/okijin/


特に神奈川の方はワンマンLIVEだし、

これまで回数を重ねて練り上げて来た、香津美さんとのデュオの

集大成的な内容にするつもりです。


まだ見たことないという人はもちろん、

もう見てくれた方にも是非来て欲しい!


よろしくお願いします!



sap-2-2


sap-1-2

*香津美さんのエレキをいたずらしてるとこ。

  

あ、あと今日はEテレのスペイン語講座に出演です。

歌い手のTakaと!

どきどき。。。 
25

DVD / 北海道



最近はとあるDVD作品の制作が佳境に入ってます。

詳細はまた。

でも、僕にとっては一生の宝物の作品になること間違いなし!です。


 sap-1



うん、そして翌日は札幌へ。

 飛行機が2時間も遅れて、

会場に到着したのは、開演の7分前。

サウンドチェックもリハもしてないんだけど。。。



sap-3


ホセちゃんと車中リハ。こんなの初めて。。。




20分押してLIVEスタート。

ずーっと待っていてくれた皆さん!

ありがとうございました。

どんどん盛り上がって行って、

ラストはスタンディングしてくれた方も多くいて。

札幌のパワー、頂きました!

sap-4

sap-5

sap-6

sap-7

sap-8

sap-10



sap-11


翌日は朝からキャンペーン。

雑誌、新聞、ラジオと大忙しでした。

ラジオ聴いてくれた方、

メッセージくれた方、

ありがとうございます。

関係者の皆さんもありがとうございます!

次は11月13日の道新ホールで会いましょう。

今から楽しみです!

 sap-17sap-18

sap-21
 sap-22

sap-23  sap-26

sap-24


北海道大好き。


sap-25 sap-27


sap-20   sap-19


sap-12   sap-16


sap-14  sap-13






・・・新しいカメラ、使いやすいよ!








19

フラメンコと向き合う



ここ数日の動き、かなり濃かった。

まずアクースティカのイベントで、

高円寺のエスペランサで俵さんとトークショー。

来てくれたのはおそらくフラメンコに造詣の深い方ばかりということで

専門用語も遠慮なく飛び交い、

スペインのフラメンコへのアフィシオンを

熱く語りました。

俵さんの数々のエピソード、本当に面白く、心に残りました。


俵さんは日本人でありながら、

誰よりもスペインのヒターノのフラメンコに深く踏み込んだ人と言われますが、

本当にその通りだと思う。

俵さんと僕という組み合わせを考えてくれた

アクースティカの加部さんにも感謝です。


ku-1




・・・打ち上げではなく、出演前の景気付けの飲み。

高岸くんとキンタ君も来てくれました!


翌日、俵さんとドローレスアグヘータのCDを聴いた。

正直、腰が抜けるほど凄い世界だった。

ああ、俵さんは指が思うように動かないというけど、

それが良い方に働いて、というより良い方に変換して、

今はこんな次元にまで行ってしまったんだなあ、とため息まじりに思いました。

素晴らしい!!!

そして同時に思いました。

カンテこそがフラメンコ、て良く言われるけど違う。

カンテとギターの濃密なやり取りこそがフラメンコの中でも

最上のものなんだと。



このCDを聴けばそれが分かる。

俵さんは、僕らの誇りです。


ku-5




そして翌日はとあるテレビ番組の収録。

詳細は改めて!


ku-3


ku-4



その日の夜にはNHK、Eテレのスペイン語講座へのゲスト出演がオンエア。

きっと文法とか怪しいんだろうけど、伝われば良いやという感覚で

中途半端なアンダルシア訛りで喋り倒していて。。。

見ていて緊張で背中が固まりました。

でも番組のための書き下ろし曲、

Adiós mi corazón は形にまとめたいな。



そして今日は、一体何年振りか、踊りの伴奏をして来ました。

草野さんのバイレ。

草野さんは僕がソロ活動を始める前から世界中の国々で

公演を打ってくれ、僕を育ててくれた恩人です。

新興国の国開発の仕事をしながら、

小島章司さんの一番弟子として何十年もバイレを習って来た方で。

そして来年、70歳の記念にソロ公演を催すとのことで、

僕は友情出演のような形で草野さんのバイレ伴奏をするのです。


ku-1-2




今日はその練習でした。

曲はファルーカ。


そうしたら小島章司さん登場!

真剣にファルーカを踊って下さり、

予期せぬ形で初めて小島さんのバイレ伴奏をする成り行きとなりました。

小島さんのバイレ、もの凄かった!

一つ一つの動きが、リズムが、インスピレーションに満ちあふれていた。

名実共に日本を代表するバイラオールとしてスペインを始め

世界中で公演をされる小島先生は、現在74歳!

脱帽です。。。




ku-2-2


僕の師匠、セラニートと昔撮った写真をわざわざ探して来て下さいました。



。。。という訳で、この3日間はもの凄くフラメンコな時間を過ごしました。

しかも日本にある、日本のフラメンコで。

なんだかとっても満たされ、シアワセな気持ちの自分がいます。




。。。そして、関係ないけどコンデジの話。

小さくて画質が良くてシンプルなデザインでズームが効いてファインダーが付いてる、

この条件を満たすのは現在このモデル一つしか無いはず。

SONYのRX100M3 !!!



。。。すいません、getしてしまいました。。。




 
記事検索
livedoor プロフィール
最新コメント
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ